空き家の除草作業を低価格で効率よく行う方法。

空き屋管理といえば”除草作業”このように感じられる方も多くいらっしゃると思います。「何故か?」空き家管理において除草作業はかなり労力を必要とする労働だからです。

今回は空き家管理の中でも”除草”についてピックアップしブログ記事にしました。

除草の種類

一口で除草といっても内容はいくつかに分けられます。

・草むしり

手作業で雑草をむしって行く作業です。比較的狭い範囲で行う事が多く、また庭木など枯らしたくない樹木などがある場合効果的です。

・除草剤

薬品により雑草を枯らして行きます。先に述べた草むしりとは逆に大切な樹木・庭木などない場合一気に比較的広範囲の雑草を枯らす事が出来るので大変効率よく作業が出来ます。私のこの方法で庭の手入れをしていますが、1点注意としては”法面”の除草剤散布は控えて下さい。法面は草木の「根」によって保たれている事が一般的なので、その「根」が無くなる事により法面が崩壊してしまいます。

・草刈り機

夏場など河川敷や道路など至る所で見る草刈り機を使った除草。家庭でも機械を購入し生い茂った雑草を一網打尽に切り倒す事も出来ます。しかし草刈り機を使用する場面はかなり広範囲に石などの障害物が少ない局面での使用が最も効率的なので一般の住宅では使用するシーンは限定的かもしれませんね。もし広大な土地の空き家を管理するのであれば1台欲しいものです。

低価格で効率的な除草方法

一般的な空き家の除草の方法については前述した3つの方法は殆どだと思います。もちろん狭い範囲のちょっとした雑草を処理するだけであればご自身で行うのが一番安く済みます。コスト0円です。ただ、比較的広範囲だったり、遠方に住んでいたりするケースではどうするのか?

答えは、外注に出すと言う事です。草むしりや草刈りを専門で行っている業者もいます。ネットで「地域名+草刈り」「地域名+草むしり」「地域名+除草代行」などで調べて見て下さい。外注先は結構出てくると思います。

くらしのマーケット」と言うサイトでは個人で草むしり・草刈りを請け負う登録が多くなされていますので参考にされてみてはいかがでしょうか。

草むしり・草刈り外注の費用

草むしりや草刈りの外注費用は10平米で5,000円~10,000円となります。7,000円前後だと思っておけば間違いないです。

5,000円の業者は忙しくて直ぐに対応してくれない可能性もおおいにあります。なぜなら個人で請け負っている業者が殆どなので季節的に需要が集中してしまい人手不足となってしまうからです。そう考えると7,000円程度の予算を見込んでいた方が多少あなたの希望に合わせてくれる業者が探せるはずです。

まとめ

本日は空き屋管理でも比較的労働力を要するやっかいな”除草”について記事にしました。低価格で問題解決する方法は”個人で請け負う外注に出す”とご提案させて頂きました。年に2回程外注に出せば外回りの美観は保たれると思いますよ。

コメント